visionイメージ

Vision私たちの想い

Orizuru Therapeuticsは、以下の方針を掲げて事業活動を推進します

  • vision科学の無限の力で世界により良い
    健康への希望をもたらす
  • missioniPS細胞の臨床応用を実現し、患者さんに細胞医療を届ける
  • objectives

    第一目標

    細胞移植による再生医療等製品の開発

    第二目標

    iPS細胞関連技術を利活用した、創薬研究支援および再生医療研究基盤整備

Orizuru Therapeuticsの設立背景

T-CiRA

2006年に発見された人工多能性幹細胞(iPSCs)は、幹細胞研究の発展に強い影響を与え、創薬や再生医療の無限の可能性を開きました。
iPSCsの臨床応用を発展させるため、京都大学iPS細胞研究所(CiRA)と武田薬品工業株式会社(以下、武田薬品)は、2015年の合意以降、「武田薬品-CiRA iPS細胞応用共同プログラム」(T-CiRA)を実施しています。
本プログラムの進行に伴い、iPS細胞を用いた治療法の実現をタイムリーかつ効果的に加速するための新たな枠組みが求められています。

Orizuru Therapeuticsは、
iPS細胞技術の臨床応用の実現を目指し、世界を舞台に事業運営を開始します